English Version

西田 晃

連絡先

Email: nishidakyudai.jp


研究分野

数値解析
計算科学
高性能計算


プロジェクト

JST CREST 「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」研究領域大規模シミュレーション向け基盤ソフトウェアの開発」 研究代表者 (FY2002-)
海洋研究開発機構 平成18-22年度地球シミュレータプロジェクト 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」 責任者 (FY2006-2010)
産業技術総合研究所 Parallel and High Performance Applicational Software Exchange 編集委員 (1996-)
Oak Ridge National Laboratory Netlib 編集委員 (1996-)
日本応用数理学会 「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会 運営委員 (2004-)


略歴

1970年11月 東京生まれ
1989年 東京大学教養学部理科一類 入学
1991年 東京大学理学部情報科学科 進学
1993年 東京大学理学部情報科学科 卒業
1995年 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻修士課程 修了
1998年 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻博士課程 修了・博士 (理学) 取得
1998年-2000年 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻 助手
2001年-2005年 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻 助手
2006年 中央大学21世紀COEプログラム (電子社会の信頼性と情報セキュリティ) 助教授
2007年 東京大学大学院情報理工学研究科 リサーチフェロー/中央大学理工学研究所 客員研究員
2008年 九州大学情報基盤研究開発センター 計算科学専門研究員
2009年-2013年 九州大学情報基盤研究開発センター 特任准教授


受賞

第12回日本計算工学会講演会ベストペーパーアワード (小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃,「高速な4倍精度演算を用いたクリロフ部分空間法の安定化」, 第12回日本計算工学会講演論文集, 第12巻2号, pp. 631-634, 2007), 2008. ISSN: 1344-9443.

Most Geographically Distributed Application Award and Most Heterogeneous Set of Platforms Award (as the representative of the University of Tokyo, Global Grid Testbed Collaboration led by Professor Ed Seidel, Max Planck Institute for Gravitational Physics), High Performance Computing Challenge, ACM/IEEE Supercomputing Conference 2002 (SC2002).


公開ソフトウェア

2002年- Scalable Software Infrastructure for Scientific Computing
2000年 Parasuite, 並列・分散処理研究産学協同コンソーシアム


特許

2013年 西田晃. 特願2007-161627. 特許番号第5265886号. 「演算処理システム, 演算処理方法, プログラム, およびプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体」. Publication Number:JP5265886.


研究業績

2013

査読論文

Masataka Miyamoto, Yasunori Ito, Kin'ya Takahashi, Toshiya Takami, Taizo Kobayashi, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Numerical study on acoustic oscillations of 2D and 3D flue organ pipe like instruments with compressible LES, Acta Acustica united with Acustica, Volume 99, Number 1, pp. 159-171, 2013. doi:10.3813/AAA.918599.

Takuya Iwasaki, Taizo Kobayashi, Kin'ya Takahashi, Toshiya Takami, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Numerical study on the function of tone holes of a recorder like instrument from the viewpoint of the aerodynamic sound theory, Proceedings of Meetings on Acoustics, Volume 19, Number 1, 2013. doi:10.1121/1.4799953.

Takahiro Akamura, Yuki Nagao, Takuya Iwasaki, Ken'ichiro Nakano, Kin'ya Takahashi, Taizo Kobayashi, Toshiya Takami, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Numerical analysis of the interaction between fluid flow and acoustic field at the mouth-opening of a flue instrument, Proceedings of Meetings on Acoustics, Volume 19, Number 1, 2013. doi:10.1121/1.4799957.

Kin'ya Takahashi, Takuya Iwasaki, Takahiro Akamura, Yuki Nagao, Ken'ichiro Nakano, Taizo Kobayashi, Toshiya Takami, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Effective techniques and crucial problems of numerical study on flue instruments, Proceedings of Meetings on Acoustics, Volume 19, Number 1, 2013. doi:10.1121/1.4799959.

研究報告・紀要

Akira Nishida. On the Singularity at Light Velocity, Kyushu University Institutional Repository, Kyushu University. hdl:2324/26127. a4.pdf


2012

査読論文

Toshiya Takami and Akira Nishida. Parareal Acceleration of Matrix Multiplication, Advances in Parallel Computing, Vol. 22, pp. 437-444, 2012. doi:10.3233/978-1-61499-041-3-437.

研究報告・紀要

小林泰三, 岩崎拓也, 高見利也, 高橋公也,西田晃, 青柳睦. 「流体音に於ける移動境界問題III」, 日本物理学会2012年秋季大会講演概要集, ISSN: 1342-8349.

西田晃. 「計算科学の発展に向けて」, 九州大学情報基盤研究開発センターLightning talk, 2012. a4.pdf


2011

査読論文

Yasunori Ito, Taizo Kobayashi, Kin'ya Takahashi, Toshiya Takami, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Reproduction of Transitions among Notes on an Air-reed Musical Instrument with Compressible LES Combined with Moving Boundary Technique, In Proceedings of Open Source CFD International Conference 2011, CDROM, 8pages, 2011.

Kin'ya Takahashi, Masataka Miyamoto, Yasunori Ito, Toshiya Takami, Taizo Kobayashi, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Numerical study on air-reed instruments with LES, In Proceedings of ASME-JSME-KSME Fluids Engineering Conference 2011 (AJK2011), CDROM, 11pages, 2011. ISBN: 978-0-7918-4440-3.

研究報告・紀要

高橋公也,宮本真孝,伊藤泰典,岩崎拓也,高見利也,小林泰三,西田晃,青柳睦. 「3次元エアリード楽器の流体音源と発振特性」, 京大数理解析研究所研究集会「オイラー方程式の数理:カルマン渦列と非定常渦運動100年」, 京都大学数理解析研究所講究録,1776, 100-114, 2012. ISSN 1880-2818.

小林泰三, 伊藤泰典, 高見利也, 宮本真孝,高橋公也,西田晃, 青柳睦. 「流体音に於ける移動境界問題:音源としての移動境界」, 日本物理学会2011年秋季大会講演概要集, 66(2-2), 264, 2011-08-24. ISSN: 1342-8349.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」, 平成22年度地球シミュレータ利用報告会, 海洋研究開発機構, 2011.


2010

査読論文

Masataka Miyamoto, Yasunori Ito, Kin'ya Takahashi, Toshiya Takami, Taizo Kobayashi, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Applicability of compressible LES to reproduction of sound vibration of an air-reed instrument, In Proceedings of International Symposium on Music Acoustics 2010 (ISMA 2010), CDROM, Paper No.37, 6pages, 2010. ISBN: 978-1-61782-746-4.

Kin'ya Takahashi, Masataka Miyamoto, Yasunori Ito, Toshiya Takami, Taizo Kobayashi, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. Numerical analysis on 2D and 3D edge tones in terms of aerodynamic sound theory, In Proceedings of 20th International Congress on Acoustics (ICA 2010), CDROM, Paper No.621, 8pages, 2010. ISBN: 9781617827457.

Akira Nishida. Experience in Developing an Open Source Scalable Software Infrastructure in Japan, In Proceedings of Computational Science and its Applications (ICCSA 2010), Lecture Notes in Computer Science 6017, pp. 448-462, Springer, 2010. doi:10.1007/978-3-642-12165-4_36.

書籍

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Reiji Suda, Hidehiko Hasegawa, and Akira Nishida. Toward Automatic Performance Tuning for Numerical Simulations in the SILC Matrix Computation Framework, In Software Automatic Tuning: From Concepts to State-of-the-Art Results, pp.175-192, Springer, 2010. doi:10.1007/978-1-4419-6935-4_11.

研究報告・紀要

西田晃. 「疎行列固有値解法における4倍精度演算とその性能評価」, 情報処理学会研究報告, Vol.2010-HPC-128, No.18, pp. 1-5, 2010. ISSN: 0919-6072.

西田晃. 「戦略的高性能計算システム開発について〜アプリケーション・数値計算ライブラリの観点から〜」, 第1回戦略的高性能計算システム開発に関するワークショップ, 2010. a4.pdf

西田晃. 「大規模並列環境における疎行列固有値解法の性能予測」, 情報処理学会研究報告, Vol.2010-HPC-126, No.43, pp. 1-7, 2010. ISSN: 0919-6072.

小林泰三, 高見利也, 宮本真孝, 伊東泰典, 高橋公也, 西田晃, 青柳睦. 「3次元 LES によるオカリナの発音機構の解明」, 日本物理学会2010年春季大会講演概要集, 65(1-2), 297, 2010-03-01. ISSN: 1342-8349.

宮本真孝, 高見利也, 小林泰三, 西田晃, 青柳睦, 高橋公也. 「圧縮性LESを用いた小型エアリード楽器の数値解析」, 日本物理学会2010年春季大会講演概要集, 64(2-2), 243, 2009-08-18. ISSN: 1342-8349.

高橋公也,宮本真孝,伊藤泰典,高見利也,小林泰三,西田晃,青柳睦. 「圧縮性 LES を用いたエアリード楽器の発音機構」, 京大数理解析研究所研究集会「数値解析と数値計算アルゴリズムの最近の展開」, 京都大学数理解析研究所講究録 1719, pp. 26-36, 2010. ISSN 1880-2818.

高橋公也,宮本真孝,高見利也,小林泰三,西田晃,青柳睦. 「エアリード楽器の発音機構:流体と音の相互作用の数値解析」, 京大数理解析研究所研究集会「オイラー方程式の数理:渦運動と音波150年」, 京都大学数理解析研究所講究録 1697, pp. 31-45, 2010. ISSN 1880-2818.

楠昌紘, 高見利也, 小林泰三, 稲富雄一, 西田晃, 青柳睦. 「GPGPUを用いたリアルタイムシミュレーションの有効性と課題」, 情報処理学会火の国情報シンポジウム2010 講演論文集, 2010.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」, 平成21年度地球シミュレータ利用報告会, 海洋研究開発機構, 2010.

Akira Nishida. Development of General Purpose Numerical Software Infrastructure for Large Scale Scientific Computing, In Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2009 - March 2010, The Earth Simulator Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology, pp. 113-117, 2010. ISSN: 1348-5822.


2009

査読論文

Taizo Kobayashi, Toshiya Takami, Masataka Miyamoto, Kin'ya Takahashi, Akira Nishida, and Mutsumi Aoyagi. 3D Calculation with Compressible LES for Sound Vibration of Ocarina, In Proceedings of Open Source CFD International Conference 2009, CDROM, 8pages, 2009.

研究報告・紀要

西田晃. 「複数アーキテクチャ上での疎行列ベクトル積の性能最適化手法」, 情報処理学会研究報告, Vol.2009-HPC-123 No.7, pp. 1-8, 2009. ISSN: 0919-6072.

西田晃. 「前処理付固有値解法の誤差評価」, 情報処理学会研究報告, Vol.2009-HPC-122, No.6, pp. 1-6, 2009. ISSN: 0919-6072.

西田晃. 「並列非線型共役勾配法アルゴリズムとその性能評価」, 情報処理学会研究報告, Vol.2009-HPC-121, No.36, pp. 1-6, 2009. ISSN: 0919-6072.

宮本真孝,高見利也,小林泰三,西田晃,青柳睦, 高橋公也. 「圧縮性LESを用いた小型エアリード楽器の数値解析」, 日本物理学会2009年秋季大会講演概要集, Vol.64, No.2, p.243, 2009. ISSN: 1342-8349.

Akira Nishida. Development of General Purpose Numerical Software Infrastructure for Large Scale Scientific Computing, In Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2008 - September 2008, The Earth Simulator Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology, pp. 129-133, 2009. ISSN: 1348-5822.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤 SSI の大規模 SMP クラスタ環境への移植と性能評価」, 先駆的科学計算に関するフォーラム2009 〜先駆的計算科学研究プロジェクト成果報告会〜, 九州大学情報基盤研究開発センター, 2009.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」, 平成20年度地球シミュレータ利用報告会, 海洋研究開発機構, 2009.


2008

査読論文

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Reiji Suda, Hidehiko Hasegawa, and Akira Nishida. Cloth simulation in the SILC matrix computation framework: A case study, In Proceedings of the Seventh International Conference on Parallel Processing (PPAM 2007), Lecture Notes in Computer Science 4967, pp. 1086-1095, Springer, 2008. doi:10.1007/978-3-540-68111-3_115.

Hisashi Kotakemori, Hidehiko Hasegawa, Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Reiji Suda, and Akira Nishida. Performance Evaluation of Parallel Sparse Matrix-Vector Products on SGI Altix 3700, In Proceedings of First International Workshop on OpenMP (IWOMP2005), Lecture Notes in Computer Science 4315, pp. 153-163, Springer, 2008. doi:10.1007/978-3-540-68555-5_13.

小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃. 「反復法ライブラリ向け4倍精度演算の実装と SSE2 を用いた高速化」, 情報処理学会論文誌「コンピューティングシステム」, Vol.1, pp. 73-84, 2008. ISSN: 0387-5806.

研究報告・紀要

Akira Nishida. Development of General Purpose Numerical Software Infrastructure for Large Scale Scientific Computing, In Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2007 - March 2008, The Earth Simulator Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology, pp. 137-145, 2008. ISSN: 1348-5822.

西田晃. 「疎行列固有値解法における前処理の特性について」, 情報処理学会研究報告, 2008(125), pp. 103-108, 2008. ISSN: 0919-6072.

西田晃. 「Lis 1.2.0: 疎行列線形計算ライブラリによる大規模固有値計算の実現」, 先駆的科学計算に関するフォーラム2008 〜線形計算を中心に〜, 九州大学情報基盤研究開発センター, 2008.

長谷川秀彦, 梶山民人, 額田彰, 須田礼仁, 西田晃. 「行列計算ライブラリインタフェース MATLAB-SILC の実装」, 日本応用数理学会2008年度年会講演予稿集, pp. 143-144, 2008.

西田晃. 「混合精度型反復解法の提案」, 先駆的科学計算に関するフォーラム2008 〜高精度・多倍長計算〜, 九州大学情報基盤研究開発センター, 2008.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤 SSI の開発」, 第219回九州大学数値解析セミナー, 九州大学理学部数学科, 2008.

西田晃. 「並列線形計算ライブラリ Lis 上への固有値解法群の実装と特性評価」, 情報処理学会研究報告, 2008(74), pp. 145-150, 2008. ISSN: 0919-6072.

西田晃. 「線形計算ライブラリを用いた共役勾配法系固有値解法の実装と評価」, 情報処理学会研究報告, 2008(19), pp. 199-204, 2008. ISSN: 0919-6072.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」, 平成19年度地球シミュレータ利用報告会, 海洋研究開発機構, 2008.


2007

査読論文

Akihiro Fujii, Reiji Suda, Akira Nishida, and Yoshio Oyanagi. Evaluation of Asynchronous Iterative Method for Sparse Matrix Solver. In Proceedings of the Second International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT 2007), pp. 43-51, 2007.

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Reiji Suda, Hidehiko Hasegawa, and Akira Nishida. Toward Automatic Performance Tuning for Numerical Simulations in the SILC Matrix Computation Framework. In Proceedings of the Second International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT 2007), pp. 81-90, 2007.

Akira Nukada, Daisuke Takahashi, Reiji Suda, and Akira Nishida. High Performance FFT on SGI Altix 3700, In Proceedings of the Third International Conference on High Performance Computing and Communications (HPCC 2007), Lecture Notes in Computer Science 4782, pp. 396-407, Springer, 2007. doi:10.1007/978-3-540-75444-2_40.

Akira Nukada, Yuichiro Hourai, Akira Nishida and Yutaka Akiyama. High Performance 3D Convolution for Protein Docking on IBM Blue Gene, In Proceedings of the Fifth International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA07), Lecture Notes in Computer Science 4742, pp. 958-969, Springer, 2007. doi:10.1007/978-3-540-74742-0_84.

額田彰, 西田晃. 「地球シミュレータを用いた高性能2次元FFT」, 2007年先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2007) 論文集, pp. 137-144, 情報処理学会, 2007年5月. ISSN: 1344-0640.

小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃. 「倍精度と4倍精度の混合型反復法の提案」, 2007年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2007) 論文集, pp. 9-16, 情報処理学会, 2007.

研究報告・紀要

Akira Nishida, Akira Nukada, Hisashi Kotakemori, and Tamito Kajiyama. Development of General Purpose Numerical Software Infrastructure for Large Scale Scientific Computing, In Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2006 - March 2007, The Earth Simulator Center, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology, pp. 139-144, 2007. ISSN: 1348-5822.

西田晃. 「線形計算ライブラリを用いた共役勾配法系固有値解法の設計と実装」, 情報処理学会研究報告, 2007(80), pp. 157-160, 2007. ISSN: 0919-6072.

小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃. 「高速な4倍精度演算を用いたクリロフ部分空間法の安定化」, 第12回日本計算工学会講演論文集, pp. 631-634, 2007. ISSN: 1344-0640. (第12回日本計算工学会講演会ベストペーパーアワード受賞)

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Hidehiko Hasegawa, Reiji Suda, and Akira Nishida. Numerical Simulations in the SILC Matrix Computation Framework, In Proceedings of the International Conference on Computational Methods 2007 (ICCM 2007), p.235, April 4-6, 2007.

Akira Nishida, Hisashi Kotakemori, Akihiro Fujii, and Akira Nukada. Development of Scalable Software Infrastructure on Blue Gene Systems, In Report on the Juelich Blue Gene/L Scaling Workshop 2006 (FZJ-ZAM-IB-2007-02), John von Neumann Institute for Computing, Research Centre Juelich, pp. 13-14, February, 2007.

西田晃. 「大規模素因数分解のための高性能計算環境の実現」, 第13回「ハイパフォーマンスコンピューティングとアーキテクチャの評価」に関する北海道ワークショップ (HOKKE2007), 情報処理学会研究報告, 2007(17), pp. 205-208, 2007. ISSN: 0919-6072. a4.pdf

西田晃, 額田彰, 小武守恒, 梶山民人. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」, 平成18年度地球シミュレータ利用報告会, 2007. a4.pdf

西田晃. 「大規模素因数分解のための GF(2) 上疎行列線型方程式解法の性能解析」, 2007年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007) 論文集, CDROM, 情報処理学会, 2007年1月.

西田晃. 「大規模科学計算向け汎用数値ソフトウェア基盤の開発」, 平成18年度地球シミュレータ利用報告会, 海洋研究開発機構, 2007.


2006

査読論文

Akira Nishida. Building Cost Effective High Performance Computing Environment via PCI Express. In Proceedings of the 2006 International Conference on Parallel Processing Workshops, pp. 519-526, IEEE, Columbus, Ohio, 2006. doi:10.1109/ICPPW.2006.27. a4.pdf

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Reiji Suda, Hidehiko Hasegawa, and Akira Nishida. Distributed SILC: An easy-to-use interface for MPI-based parallel matrix computation libraries, In Proceedings of 2006 Workshop on State-of-the-art in Scientific and Parallel Computing (PARA'06), Lecture Notes in Computer Science 4699, pp. 860-870, Springer, 2007. doi:10.1007/978-3-540-75755-9_103.

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Reiji Suda, Hidehiko Hasegawa, and Akira Nishida. A Performance Evaluation Model for the Matrix Computation Framework SILC, In Proceedings of IFIP International Conference on Network and Parallel Computing (NPC2006), pp. 93-103, October 2-4, 2006.

小武守恒, 西田晃. 「キャッシュを考慮した疎行列格納形式 CJDS の提案と評価」, 2006年先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2006) 論文集, pp. 167-174, 情報処理学会, 2006年5月. ISSN: 1344-0640.

研究報告・紀要

Akira Nishida, Hisashi Kotakemori, Tamito Kajiyama, and Akira Nukada. Scalable Software Infrastructure Project, SC06, Poster, November 11-17, 2006. a0.pdf

西田晃. GF(2) 上巨大疎行列に対する共役勾配法の適用と評価, 情報処理学会研究報告, 2006(87), pp. 287-292, 2006. ISSN: 0919-6072.

西田晃. GF(2)上疎行列線形解法の現状と評価, 日本応用数理学会「数論アルゴリズムとその応用」研究部会第15回研究集会, 2006.

Akira Nishida. High Performance Computing over Finite Fields, IEICE ISEC Conference, May 19, 2006. a4.pdf

西田晃. 広帯域ネットワークを用いたソフトウェア分散共有メモリの実現と性能評価, 情報処理学会研究報告, 2006(20), pp. 187-192, 2006. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

小武守恒, 藤井昭宏, 長谷川秀彦, 西田晃. 「SSE2 を用いた反復解法ライブラリ Lis 4倍精度版の高速化」, 情報処理学会研究報告, 2006(106), pp. 7-12, 2006. ISSN: 0919-6072.

梶山民人, 額田彰, 須田礼仁, 長谷川秀彦, 西田晃. 行列計算ライブラリインタフェース SILC の分散並列環境への実装, 情報処理学会研究報告, 2006(87), pp. 251-256, 2006. ISSN: 0919-6072.


2005

査読論文

Hisashi Kotakemori, Hidehiko Hasegawa, and Akira Nishida. Performance Evaluation of a Parallel Iterative Method Library using OpenMP, In Proceedings of The 8th International Conference on High Performance Computing in Asia Pacific Region (HPC Asia 2005), pp. 432-436, IEEE, 2005. doi:10.1109/HPCASIA.2005.74.

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Hidehiko Hasegawa, Reiji Suda, and Akira Nishida. LAPACK in SILC: Use of a Flexible Application Framework for Matrix Computation Libraries, In Proceedings of The 8th International Conference on High Performance Computing in Asia Pacific Region (HPC Asia 2005), pp. 205-212, IEEE, 2005. doi:10.1109/HPCASIA.2005.52.

Akihiro Fujii, Reiji Suda, and Akira Nishida. Parallel Matrix Distribution Library for Sparse Matrix Solvers, In Proceedings of The 8th International Conference on High Performance Computing in Asia Pacific Region (HPC Asia 2005), pp. 213-219, IEEE, 2005. doi:10.1109/HPCASIA.2005.68.

Tamito Kajiyama, Akira Nukada, Hidehiko Hasegawa, Reiji Suda, and Akira Nishida. SILC: a Flexible and Environment Independent Interface to Matrix Computation Libraries, In Proceedings of the Sixth International Conference on Parallel Processing and Applied Mathematics (PPAM2005), Lecture Notes in Computer Science 3911, pp. 928-935, Springer, 2006. doi:10.1007/11752578_112.

Yuichiro Hourai, Akira Nishida, and Yoshio Oyanagi. Network-aware Data Mapping on Parallel Molecular Dynamics, In Proceedings of 11th International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS2005), pp. 126-132, IEEE, 2005. doi:10.1109/ICPADS.2005.203.

書籍

Akihiro Fujii, Akira Nishida, and Yoshio Oyanagi. Evaluation of Parallel Aggregate Creation Orders : Smoothed Aggregation Algebraic Multigrid Method, In High Performance Computational Science and Engineering, pp. 99-122, Springer, 2005. doi:10.1007/0-387-24049-7_6. ISBN: 978-0-387-24048-0.

研究報告・紀要

Akira Nishida. AMG Preconditioned Conjugate Gradient Type Methods for Nonsymmetric Eigenproblems. In Proceedings of 20th Copper Mountain Conference on Multigrid Methods, Copper Mountain, Apr. 2005.

西田晃. 「In.niBand クラスタを用いた疎行列線形代数演算ライブラリの効率的な実装技術」, 情報処理学会研究報告, 2005(81), pp. 97-102, 2005年8月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

梶山民人, 額田彰, 須田礼仁, 長谷川秀彦, 西田晃. 「SILC: 行列計算ライブラリの利用を簡単化するフレームワーク」, 第10回日本計算工学会講演会論文集, pp. 239-242, 2005. ISSN: 1341-7622.


2004

査読論文

Akihiro Fujii, Akira Nishida, and Yoshio Oyanagi. The Evaluation of The Aggregate Creation Orders : Smoothed Aggregation Algebraic MultiGrid Method. In Proceedings of International Symposium on High Performance Computational Science and Engineering (HPCSE-04), CDROM, 2004. doi:10.1007/0-387-24049-7_6.

蓬来祐一郎, 西田晃, 小柳義夫. 「木構造型ネットワークにおける最適ブロードキャストスケジューリング」, 情報処理学会論文誌, Vol. 45, No. SIG 3 (ACS 5), pp. 100-108, 2004年3月. ISSN: 0387-5806.

額田彰, 西田晃, 小柳義夫. 「積和演算命令に適した新しい8 基底FFT カーネル」, 2004年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2004) 論文集, pp. 17-24, 情報処理学会, 2004年1月.

研究報告・紀要

Akira Nishida. SSI: Overview of Simulation Software Infrastructure for Large Scale Scientific Applications, In Proceedings of the International Workshops on Advances in Computational Mechanics, p.163, 2004.

Akira Nishida. SSI: Development of Simulation Software Infrastructure. Eleventh SIAM Conference on Parallel Processing for Scienti.c Computing, February 25-27, San Francisco, 2004年2月.

Akira Nishida. Performance Evaluation of Intel Processor based cc-NUMA Systems for Scalable Iterative Solvers. In Proceedings of 8th Copper Mountain Conference on Iterative Methods, Copper Mountain, Mar. 2004.

西田晃. 「非線形最適化問題としての固有値解法: 最適化手法の適用と評価」, 日本応用数理学会2004年度年会講演予稿集, pp. 220-221, 2004年9月. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃. 「非対称固有値問題への並列AMG 前処理付共役残差法の適用と評価」, 情報処理学会研究報告, 2004(81), pp. 85-90, 2004年7月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃. 「SSI: 大規模シミュレーション向け基盤ソフトウェアの概要」, 情報処理学会研究報告, 2004(38), pp. 25-30, 2004年5月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃. 「大規模固有値問題への並列AMG 前処理付共役勾配法の適用と評価」, 情報処理学会研究報告, 2004(20), pp. 205-210, 2004年3月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

Akihiro Fujii, Akira Nishida, and Yoshio Oyanagi. Vectorized Algebraic Multigrid Algorithm for Unstructured Finite Element Problems. In Proceedings of 6th International Meeting on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2004), Poster Presentation, June 28-30, 2004, Valencia.


2003

査読論文

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. Performance Evaluation of Low Level Multithreaded BLAS Kernels on Intel Processor based cc-NUMA Systems. In Proceedings of 2003 International Workshop on OpenMP, 5th International Symposium on High Performance Computing (ISHPC2003), Lecture Notes in Computer Science, 2858, pp. 500-510, Springer, 2003. doi:10.1007/978-3-540-39707-6_45.

蓬来祐一郎, 西田晃, 小柳義夫. 「木構造型ネットワークにおける最適ブロードキャストスケジューリング」, 第15 回コンピュータシステムシンポジウム (CSS2003) 論文集, pp. 13-20, 情報処理学会, 2003年12月.

藤井昭宏, 西田晃, 小柳義夫. 「Smoothed Aggregation MG 法の異方性問題への対応と評価」, 先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2003) 論文集, pp. 137-144, 情報処理学会, 2003年5月. ISSN: 1344-0640.

額田彰, 西田晃, 小柳義夫. 「分散共有メモリを用いた並列FFT とその最適化」, 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. SIG 6 (ACS 1), pp. 1-8, 2003年4月. ISSN: 0387-5806.

藤井昭宏, 西田晃, 小柳義夫. 「領域分割による並列AMG アルゴリズム」, 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. SIG 6 (ACS 1), pp. 9-17, 2003年4月. ISSN: 0387-5806.

藤井昭宏, 西田晃, 小柳義夫. 「領域分割による並列AMG アルゴリズム」, 2003年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2003) 論文集, pp. 83-90, 情報処理学会, 2003年1月.

額田彰, 西田晃, 小柳義夫. 「分散共有メモリを用いた並列FFT とその最適化」, 2003年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2003) 論文集, pp. 63-70, 情報処理学会, 2003年1月.

研究報告・紀要

西田晃. 「大規模対称固有値問題への前処理付共役勾配法の適用と評価」, 日本応用数理学会2003年度年会講演予稿集, pp. 326-327, 2003年9月. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 額田彰, 小柳義夫. 「コモディティ分散共有メモリIBM x440 の性能評価」, 情報処理学会研究報告, 2002(93), pp. 31-36, 2003年3月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

蓬来祐一郎, 西田晃, 小柳義夫. 「木構造型ネットワークにおける最適Broadcast スケジューリング」, 情報処理学会研究報告, 2003(95), pp. 59-63, 2003年8月. ISSN: 0919-6072.


2002

査読論文

西田晃, 額田彰, 小柳義夫. 「ハードウェア分散共有メモリを用いた疎行列アルゴリズムの細粒度並列処理」, コンピュータシステムシンポジウム2002 (CSS2002) 論文集, pp. 13-20, 情報処理学会, 2002年11月. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 小柳義夫. 「OpenMP を用いたJacobi-Davidson 法の並列実装とその性能評価」, 2002年並列処理シンポジウム (JSPP2002) 論文集, pp. 79-86, 情報処理学会, 2002年5月. a4.pdf

武田恵史, 西田晃, 小柳義夫. 「Globus を用いたGrid 上での並列数値処理とその性能評価」, インターネットコンファレンス2002 (IC2002) 論文集, pp. 5-12, 情報処理学会, 2002年10月. ISSN: 1341-870X. a4.ps.gz, a4.pdf

研究報告・紀要

西田晃, 額田彰, 小柳義夫. 「分散共有メモリを用いた疎行列アルゴリズムの細粒度並列処理とその最適化」, 情報処理学会研究報告, 2002(91), pp. 37-42, 2002年8月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

藤井昭宏, 西田晃, 小柳義夫. 「並列直接解法によるSmoothed Aggregation MG 法の改良と評価」, 情報処理学会研究報告, 2002(92), pp. 25-30, 2002年9月. ISSN: 0919-6072.

島津朗, 西田晃, 小柳義夫. 「Coarsening の修正によるMultilevel ILU 分解のalgebraic な改良」, 日本応用数理学会2002年度年会講演予稿集, CDROM, 2002年9月.

藤井明宏, 西田晃, 小柳義夫. 「領域分割による並列AMG アルゴリズム」, 情報処理学会研究報告, 2002(91), pp. 31-36, 2002年8月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

武田恵史, 西田晃, 小柳義夫. 「Globus を用いたGrid 上での並列数値処理とその性能評価」, 情報処理学会研究報告, 2002(90), pp. 13-18, 2002年5月. ISSN: 0919-6072. a4.pdf


2001

研究報告・紀要

西田晃, 小柳義夫. 「Jacobi-Davidson 法の数値特性」, 日本応用数理学会2001年度年会講演予稿集, pp. 274-275, 2001年9月. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 小柳義夫. 「Jacobi-Davidson 法の並列前処理とその性能評価」, 情報処理学会研究報告, 2001(77), pp. 31-36, 2001年8月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 小柳義夫. 「前処理付Jacobi-Davidson 法の数値特性」, 第30 回数値解析シンポジウム講演論文集, pp. 91-94, 2001年6月. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 小柳義夫. 「疎行列アルゴリズムのための共有メモリアーキテクチャ上でのBLAS の並列化手法と性能評価」, 情報処理学会研究報告, 2001(22), pp. 61-66, 2001年3月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf


2000

査読論文

西田晃, 小柳義夫. 「大規模固有値問題のためのJacobi-Davidson 法とその特性について」, 情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 8, pp. 101-106, 2000年11月. ISSN: 0387-5806.

研究報告・紀要

西田晃, 小柳義夫. 「OpenMP を用いたJacobi-Davidson 法の並列実装とその性能評価」, 情報処理学会研究報告, 2000(73), pp. 53-58, 2000年8月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf


1999

査読論文

Reiji Suda, Akira Nishida, and Yoshio Oyanagi. A High Performance Parallelization Scheme for the Hessenberg Double Shift QR Algorithm. Parallel Computing, 25:729-744, Elsevier, 1999. doi:10.1016/S0167-8191(99)00035-6. a4.ps.gz, a4.pdf

招待講演

西田晃. ”Acceleration of Iterative Eigensolvers”, 第10 回LA 研究会, 東京大学, 1999年5月.

研究報告・紀要

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. Least Squares Iterative Arnoldi and its Convergence. In Proceedings of RIKEN Symposium on Linear Algebra and its Applications, pages 164-171, November 1999.

MPI-2 翻訳プロジェクト, "メッセージ通信インターフェースに対する拡張機能 (MPI-2: Extensions to the Message-Passing Interface 日本語訳ドラフト)", 1999. a4.pdf


1998-1999

査読論文

Akira Nishida, Reiji Suda, and Yoshio Oyanagi. Polynomial acceleration for restarted Arnoldi method and its parallelization. In Iterative Methods in Scientific Computation, IMACS Series in Computational and Applied Mathematics, Vol. 4, pp. 45-52, New Brunswick, New Jersey, April, 1998. ISSN: 1098-870X. a4.ps.gz, a4.pdf

須田礼仁, 西田晃, 小柳義夫. 「並列Hessenberg ダブルシフトQR 法のための新しいデータ分割法」, 情報処理学会論文誌, Vol. 39, No. 6, pp. 1587-1594, 1998年7月. ISSN: 0387-5806.

解説

西田晃. 「固有値解法の最近の進展」, 計算工学, Vol. 4, No. 2, pp. 21-27, 1999年4月. ISSN: 1344-0640.

招待講演

西田晃. ”State-of-the-art Algorithms for Large Scale Eigenproblems”, 第7 回LA 研究会, 東京大学, 1998年11月.

西田晃. 「大規模固有値解法の現状〜 Jacobi-Davidson 法とその周辺」, 学術振興会未来開拓事業「計算科学」プロジェクト「地球規模流動現象解明のための計算科学」研究集会, 名古屋大学, 1998年12月.

研究報告・紀要

Akira Nishida. Least squares Arnoldi for large nonsymmetric eigenproblems. In Proceedings of 5th Copper Mountain Conference on Iterative Methods, Vol. II, pp. 247-253, Copper Mountain, Apr. 1998. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 小柳義夫. 「Jacobi-Davidson 法とその性能評価」, 情報処理学会研究報告, 98(115), pp. 13-18, 1998年12月. ISSN: 0919-6072. a4.ps.gz, a4.pdf


1997-1998

査読論文

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. Analysis of Accelerating Algorithms for the Restarted Arnoldi Iteration. In A. Sydow, editor, 15th IMACS World Congress on Scientific Computation, Modeling and Applied Mathematics, volume 2, pages 279-284. Wissenschaft und Technik Verlag, August 1997. ISBN: 9783896855503. a4.ps.gz, a4.pdf

須田礼仁, 西田晃, 小柳義夫. 「並列Hessenberg ダブルシフトQR 法のための新しいデータ分割法とAP1000+ への効率的実装」, 1997年並列処理シンポジウム (JSPP97) 論文集, pp. 377-384, 情報処理学会, 1997年5月. a4.ps.gz, a4.pdf

研究報告・紀要

西田晃, 小柳義夫. ”Evaluation of Acceleration Techniques for the Restarted Arnoldi Method”, 京都大学数理解析研究所講究録, 990, pp. 41-51, 1997年4月. ISSN 1880-2818. a4.ps.gz, a4.pdf

西田晃, 長谷川秀彦, 関口智嗣, 小柳義夫. 「Phase サーバの現状と展望」, 第26 回数値解析シンポジウム講演論文集, pp. 103-106, 1997年6月. a4.pdf

西田晃, 小柳義夫. 「加速付反復固有値解法の評価」, 情報処理学会研究報告, Vol.97, No.75, pp. 1-6, 1997年8月. ISSN: 0919-6072.


1996-1997

研究報告・紀要

西田晃, 小柳義夫. ”A Polynomial Acceleration of the Projection Method for Large Nonsymmetric Eigenvalue Problems”, 京都大学数理解析研究所講究録944, pp. 135-146, 1996年4月. ISSN 1880-2818. letter.ps.gz, letter.pdf

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. A polynomial acceleration of the projection method for large nonsymmetric eigenvalue problems. 1996 SIAM Annual Meeting, July 1996.

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. A polynomial acceleration of the projection method for large nonsymmetric eigenvalue problems. Proceedings of 1996 SIAM Conference on Sparse Matrices, October 1996.


1995-1996

査読論文

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. A new acceleration of the projection method in nonsymmetric eigenvalue problems. Proceedings of 1995 International Conference on High-Performance Computing in Asia-Pacific Region (HPC Asia 1995) , Sep. 1995. CD-ROM. a4.pdf

研究報告・紀要

Akira Nishida and Yoshio Oyanagi. A new acceleration of the projection method in nonsymmetric eigenvalue problems. Proceedings of 16th Dundee Biennial Conference on Numerical Analysis, pages 34-35, June 1995.

西田晃. 「非対称固有値問題における射影法の加速」, 第24 回数値解析シンポジウム講演論文集, pp. 64-67, 1995年6月.

西田晃, 小柳義夫. 「直交系の極小性を用いた非対称固有値解法の加速について」, 情報処理学会研究報告, Vol.95, No.81, pp. 85-90, 1995年8月. ISSN: 0919-6072.


1994-1995

研究報告・紀要

西田晃, 小柳義夫. 「非対称行列の固有値問題における射影法の加速の一般化」, 情報処理学会研究報告, Vol.94, No.68, pp. 53-58, 1994年7月. ISSN: 0919-6072.


1993-1994

研究報告・紀要

西田晃. 「一様等方乱流の解析におけるスペクトル法の効率化」, 第22 回数値解析シンポジウム講演論文集, pp. 77-80, 1993年6月.

西田晃, 小柳義夫. 「一様等方乱流の解析におけるスペクトル法の緩和法としての共役勾配法の有効性」, 第7 回数値流体力学シンポジウム講演論文集, pp. 487-490, 1993年12月. ISSN: 1344-4603.


学位論文

Akira Nishida. Polynomial Acceleration for Large Nonsymmetric Eigenproblems, Mar. 1998, The University of Tokyo. doi:10.11501/3157686. a4.ps.gz, a4.pdf